mobile_logo001.jpg四条法律事務所  京都市中京区四条烏丸 阪急京都線「烏丸駅」、地下鉄烏丸線「四条駅」から徒歩2分
トップページ/ アクセス / 問い合わせ
RSS 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

刑事事件(事例) ※いづれも税抜価格

qanda02-006.gif 私の夫が、3日前の忘年会の帰り道、通りで客引きをしていた男性と喧嘩になり、相手の男性に
余白2.gif 全治1ヶ月の怪我を負わせてしまいました。
余白2.gif 夫は、現行犯逮捕され、現在警察署に勾留されています。
余白2.gif 夫の弁護を依頼した場合の費用は、どのくらいになるのでしょうか?

qanda02-022.gif この場合、着手時に着手金をいただき、一定の成果があった場合に報酬金をいただくことにな
余白2.gif ります。

  • 余白2.gif着手金は30万円が標準額です。

余白2.gif また、ご主人には前科がなく、罪を認めて反省し、相手の男性との間で示談が成立すると、不起
余白2.gif 訴ないし罰金で終了するものと思われます。
余白2.gif 起訴(刑事裁判にかけるということです)されず、不起訴もしくは罰金で終了した場合、一定の
余白2.gif 成果があったと考えられますので、報酬をいただくことになります。

  • 余白2.gifこの事例の場合、報酬金は30万円が標準額です。

余白2.gifチェック赤.gifただし、事案の軽重、事件の期間などにより増減額することがあります。
余白2.gifチェック赤.gif短期間で終了した場合、報酬金を減額することもあります。

140_140_bakudan_green.png着手金及び報酬金の算定表(刑事事件)

案 件
着手金(税抜)
報酬金(税抜)
私選弁護
30万円
30万円(標準額)
(成果があった場合に、成果に応じて決定いたします)


※その他の事件については、お問い合わせ下さい。